ジンジャー のハーブとしての効能・利用法|Zingiber officinalis

2018年11月11日

 ジンジャー Zingiber officinalis

ジンジャーのハーブとしての特徴

ジンジャーは和名ショウガで、薬味としてなじみ深い。西洋でも古くから薬用ハーブとして使われている。
日本では昔からショウガは風邪の時、ショウガ湯や、ショウガ酒として飲用したり、すりおろしてのどのシップなどに用いたりと、民間療法でも使われている。

ジンジャーの辛味成分の一つであるショウガオールが血管を拡張し、血行を良くする。 血管を拡げて血液の循環を促進する作用と、抗炎症作用があることから、発汗・去痰作用もあり、冷え性、関節炎にもよい。
また、食欲を増進し、消化を助ける健胃効果もある。
外用でも、しもやけ、肩こり、関節炎効果があり。
珍しい利用法として、厄除け、魔除けとしても使われている。

ジンジャーのDATE

 
 ジンジャー
学名Zingiber officinalis
英名Ginger
科名ショウガ科ショウガ属
原産地東南アジア
特徴多年生草木 草丈:60~100cm
性質辛味・穏やかな甘み/熱・乾
成分精油、辛味成分
作用消化促進、鎮痙、駆風、制吐、循環刺激、末梢血管循環促進、抗炎症、鎮痛、殺菌、去痰、抗血小板、健胃、発汗促進

ジンジャーの使用上の注意

※抗血液凝固剤との多量併用は注意。
※妊娠・授乳中は多量使用注意。

ジンジャーの利用・効果

ジンジャーの精油(アロマオイル)

使用箇所

根茎(乾燥) 水蒸気蒸留法

効果効能

マッサージオイル:リウマチ、腰痛、筋肉痛、しもやけ、冷え性
飲用:鼓腸、月経痛、悪心、胃の不調、発熱

 

ジンジャーの浸剤(ハーブティー)

使用箇所

根茎(乾燥) 

効果効能

飲用:悪寒、風邪、腹部膨満感、痰の過剰
湿布(ガーゼなどに浸剤を浸して幹部に当てる):切り傷、擦り傷

 

浸剤とは?浸剤の作り方はこちら

浸剤(ハーブティー)|ハーブの利用法

ハーブの利用法『浸剤』 浸剤 Infusion ハーブティーと一般的に呼ばれているもので、手軽にハーブを利用することができる方法です。 この方法は、香りや色合いを楽しむことができ、ハーブの水溶性の有効成分を得ることができ ...

続きを見る

煎剤とは?煎剤の作り方はこちら

煎剤(煎じ茶)|ハーブの利用法

ハーブの利用法『煎剤』 煎剤 Decoction 煎剤は、一般的に煎じ茶と呼ばれるものです。 ハーブの熱に破壊されにくい成分や浸剤では浸出しにくい有効成分を抽出するのに適した方法です。より濃く抽出することができる方法。 ...

続きを見る

 

ジンジャーのチンキ剤

使用箇所

根茎

効果効能

飲用:温性の循環刺激、鼓腸、消化不良、悪心

 

チンキとは?チンキ剤の作り方はこちら

チンキ・ティンクチャー(Tincture)|ハーブの利用法

チンキ・ティンクチャー(Tincture)とは? ドライまたはフレッシュのハーブをアルコール、またはアルコールと水のブレンドで漬けられて作られるもので、ハーブの利用法のひとつです。チンキまたはティンクチャーと呼ばれます。 ...

続きを見る

 

ジンジャーのカプセル剤

使用箇所

根茎

効果効能

乗り物酔い、妊娠中のつわり

 

ジンジャーのお酒

使用箇所

根茎

効果効能

胃液の分泌促進、整腸、二日酔い、腸の張り、便秘、下痢、風邪、咳、声がれ

ジンジャー酒のレシピ

【材料】1ℓの瓶に作る場合

  • ジンジャー(生) 200g
  • ウォッカまたはホワイトリカー  720~750㎖(1本)

【作り方】

  1. ジンジャーを2~3㎜の厚さにスライスする。
  2. 密閉できる瓶にジンジャー、ウォッカを入れる。
  3. 2か月以上冷暗所で保管。
  4. 濾してジンジャーを取り除いて完成

ストレート、ロック、お湯割りなどで。料理酒として。

 

参考文献

参考文献

参考文献 『メディカルハーブ―薬用ハーブ完全図解ガイド)』ペネラピ・オディ著 英国ハーブソサエティ編/日本ヴォーグ社(1995.7) 『英国流メディカルハーブ』リエコ・大島・バークレー著/説話社(2008.10) 『日本 ...





© 2021 Little things, Powered by AFFINGER5