エキナセア のハーブとしての効能・利用法|Echinacea

2020年9月29日

エキナセア echinacea

エキナセアのハーブとしての特徴

エキナセアはムラサキバレンギクともパープルコーンフラワーとも呼ばれる。

抗菌・抗ウイルス作用があり、弱った免疫力を強化し、病気に対する抵抗力を高める働きもあるので、風邪やインフルエンザの予防に。

アメリカ先住民では蛇の咬みキズ、熱病、治りにくい古傷の治療などに使われていた。

エキナセアのDATE

 
 エキナセア echinacea 
科名キク科
属名エキナセア属
学名Echinacea angustifoliaDC. Echinacea purpurea L.
英名Echinacea
原産地北アメリカ
特徴多年草 50~60㎝
性質辛味・鹹味(かんみ:塩辛い味))冷・涼・乾
成分多糖体、カフェ酸誘導体、アルキルアミド、揮発油、ピロリジンアルカロイド
作用免疫調節、免疫賦活、浄化、リンパ系の活性、創傷治癒、抗菌、抗ウィルス、抗真菌、消炎


エキナセアの使用上の注意

※大量に用いると吐き気、めまいを生じることがある。

※免疫抑制剤を服用している人は使用してはいけない。

※アレルギー反応を起こす場合がある。(菊アレルギー)

 

エキナセアの利用・効果

エキナセアの煎剤(煎じ茶)

使用箇所

効果

飲用:感染症

洗浄剤:化膿した傷

煎剤とは?煎剤の作り方はこちら

煎剤(煎じ茶)|ハーブの利用法

ハーブの利用法『煎剤』 煎剤 Decoction 煎剤は、一般的に煎じ茶と呼ばれるものです。 ハーブの熱に破壊されにくい成分や浸剤では浸出しにくい有効成分を抽出するのに適した方法です。より濃く抽出することができる方法。 ...

続きを見る

 

エキナセアのチンキ剤

使用箇所

地上部・根

効果

飲用:インフルエンザ、悪寒、尿路感染症、腺熱 うがい剤:のどの痛み、扁桃腺

チンキとは?チンキ剤の作り方はこちら

チンキ・ティンクチャー(Tincture)|ハーブの利用法

チンキ・ティンクチャー(Tincture)とは? ドライまたはフレッシュのハーブをアルコール、またはアルコールと水のブレンドで漬けられて作られるもので、ハーブの利用法のひとつです。チンキまたはティンクチャーと呼ばれます。 ...

続きを見る

 

エキナセアの粉末

 

使用箇所

効果

湿疹、ニキビ、潰瘍 カプセル:カゼ、インフルエンザ、腎臓や尿路感染症

 

参考文献

参考文献

参考文献 『メディカルハーブ―薬用ハーブ完全図解ガイド)』ペネラピ・オディ著 英国ハーブソサエティ編/日本ヴォーグ社(1995.7) 『英国流メディカルハーブ』リエコ・大島・バークレー著/説話社(2008.10) 『日本 ...





© 2020 Little things, Powered by AFFINGER5