アボカドの効能・利用法|Avocado

2020年1月13日

アボカド Avocado

 

アボカドの特徴

栄養価が高く『生命の源』『森のバター』と呼ばれています。

アボカドには不飽和脂肪酸のひとつであるオレイン酸を含み、悪玉コレステロールを減らし、血栓を防ぐ働きがあります。

また、ビタミンA、E、Cも多く含み、抗酸化作用があり、ガンや生活習慣病の予防になるとされている。

高血圧、むくみの予防。便秘解消などの効果もある。

アボカドのDATE

 
 アボカド Avocado 
科名クスノキ科
属名ワニナシ属 
学名Persea gratissima Caertn.,P.americana Mill 
英名Avocado
原産地アメリカの熱帯地方と亜熱帯地方 
特徴常緑高木
性質甘味/平 潤・降 
成分ビタミンA、ビタミンB1・B2、ビタミンD、カリウム、リン、マグネシウム、硫黄、カルシウム、ナトリウム、銅、レシチン
作用健胃、整腸、消炎

アボカドの使用上の注意

 ※アレルギーの人は注意
※中毒反応を起こす動物もあるので注意
 

アボカドの利用・効果

アボカドのキャリアオイル

 

使用箇所

実 ・種子

効果

マッサージに。またクリームなどに加工して使用

保湿・柔軟作用(皮膚の硬化症)、老化防止、関節などの炎症緩和

 

アロマセラピーには未精製の緑色の低温圧搾油が好まれる。

マッサージにはアボカドオイルは粘度が高いため、スイートアーモンドオイルなどの粘度の軽いオイルに混ぜて使用する。

 

キャリアオイルとは?はこちら

キャリアオイル(Carrier Oils)とは?|製造法・種類と保管方法

キャリアオイル Carrier Oils とは??? キャリアオイルとは、植物から抽出された植物油で、アロマセラピーやマッサージなどに使われます。 キャリアオイルのみでもマッサージや肌のケアなどに使用できます。また、精油 ...

続きを見る

キャリアオイル「浸出油」の作り方はこちら

キャリアオイル「浸出油」の作り方|ハーブの利用法

浸出油とは? ハーブを植物オイルに漬けて、その成分を抽出させたものです。 ハーブを植物オイルに漬けることにより、ハーブに含まれる油溶性の成分(精油の成分も含む)が、植物オイルに移行します。 ハーブの成分が溶け込んだ浸出油 ...

続きを見る

 

アボカドの食事

使用箇所

効果

コレステロール低下、抗酸化作用、血圧低下、胃の不調の改善、便秘解消

 

サラダ、和え物など、野菜感覚で調理。 クリーム状にすると消化が良くなる。

 

参考文献

参考文献

参考文献 『メディカルハーブ―薬用ハーブ完全図解ガイド)』ペネラピ・オディ著 英国ハーブソサエティ編/日本ヴォーグ社(1995.7) 『英国流メディカルハーブ』リエコ・大島・バークレー著/説話社(2008.10) 『日本 ...

続きを見る





© 2021 Little things, Powered by AFFINGER5