月桂樹のハーブとしての効能・利用法|laurel

2020年10月1日

月桂樹 laurel

月桂樹のハーブとしての特徴

月桂樹(げっけいじゅ)は、ローリエ、ローレル、ベイリーフなどとも呼ばれ、食用、薬用として使われ、煮込み料理などの香辛料として親しまれている。

月桂樹に含まれる精油には、整腸、食欲増進、消化促進の作用がある。

 月桂樹のDATE

 
 月桂樹 laurel 
科名クスノキ科
属名ゲッケイジュ属
学名Laurus nobilis
英名laurel
原産地地中海沿岸
特徴常緑高木 雌雄異株
性質陽・温・乾
成分シネオール、ピネン、オイゲノール、リナロール
作用整腸、食欲増進、消化促進、強壮、白髪、抜け毛、神経痛、殺菌、抗カビ

の使用上の注意

※アレルギー反応を起こす場合がある。

月桂樹の利用・効果

月桂樹の精油(アロマオイル)

使用箇所

葉(ドライ) 水蒸気蒸留法

効果

芳香浴・入浴など:鎮静、消化促進、唾液の分泌促進、カゼ、インフルエンザ(殺菌、抗真菌、抗ウィルス) 鎮痙、鎮痛、抗神経痛、抗リウマチ、通経、月経不順、生理痛、月経前症候群
ヘアローション:髪、頭皮の競走や乾燥予防。

 

月桂樹のチンキ剤

使用箇所

葉(ドライ)

効果

消化促進、疲労回復、整腸

チンキとは?チンキ剤の作り方はこちら

チンキ・ティンクチャー(Tincture)|ハーブの利用法

チンキ・ティンクチャー(Tincture)とは? ドライまたはフレッシュのハーブをアルコール、またはアルコールと水のブレンドで漬けられて作られるもので、ハーブの利用法のひとつです。チンキまたはティンクチャーと呼ばれます。 ...

続きを見る

 

月桂樹のお酒

使用箇所

葉(ドライ)

効果

消化促進、疲労回復、整腸

月桂樹のお酒の作り方

【材料】1ℓの瓶に(約800㎖)作る場合

  • 月桂樹 10g
  • ウォッカまたはホワイトリカー  720~750㎖

【作り方】

step
1
月桂樹を適当な大きさにカットする。

step
2
密閉できる瓶に月桂樹とウォッカを入れる。

step
3
1週間以上冷暗所で保管。

step
4
濾して月桂樹を取り除いて完成。

漬けっぱなしにしない

ストレート、ロックなどで。料理酒として。

 

月桂樹のドライリーフ

使用箇所

葉 (夏の暑い時期に収穫)

ポイント

【材料】

  • 月桂樹 適量

【作り方】

step
1
月桂樹の葉を枝から丁寧にはずす。

step
2
葉をきれいに洗う。

step
3
2週間以上風通しの良い日陰などで乾燥させ完成。

step
4
乾燥後、密封容器に入れ保管。

参考文献

参考文献

参考文献 『メディカルハーブ―薬用ハーブ完全図解ガイド)』ペネラピ・オディ著 英国ハーブソサエティ編/日本ヴォーグ社(1995.7) 『英国流メディカルハーブ』リエコ・大島・バークレー著/説話社(2008.10) 『日本 ...

 





© 2020 Little things, Powered by AFFINGER5