簡単に作れる♪ペンケース・メガネケースの作り方

2020年2月24日

ペンケースにもメガネケースにも使えるケースが簡単に手作りできます♪

カバンの中などに入れたりなど、少しでも小さくしたいペンケースとメガネケース。

ケースをナシにするのも、ペンは先とかが気になるし、メガネはちょっと傷がついたりするかも、

ないよりあったほうがいいなあ、というときは自分で作ってみよう!

ミシンがあれば簡単です♪

 

ペンケース・メガネケースに使う材料

 

【材料】

材料

  • ファスナー
  • 両面テープ なくてもいいです。あると作業が楽です。

あと必要なのは、糸、ミシン、定規、ハサミ etc.

 

布は、なんでもOK。(ミシンで縫える範囲で)

でも、端の糸がほつれてこない布がラクいいです。伸びのいい生地は作りにくくなります。

使わなくなったカバンをくりぬいて。とか◎。

私は今回、メガネケースにしたかったので、裏が起毛している合皮レザー(塩ビ、PVC)を使いました。

 

ファスナーもなんでもOK。

ファスナーもいろいろもあります。太さ、素材、スラス(つまみ)の部分といろいろあるのでお好きなものを。

今回、16㎝の5C(ファスナーの太さ)の片開きを使いました。

※注意:16㎝といっても 留め金の間の長さです。(ファスナーが動く部分)全長20㎝です。

留め金がなくても、両止めのファスナーでもできます。

※注意:留め金がない場合、端までチェーンがあり、チェーンが金属などの場合、ミシンの針が折れたりするのであまりお勧めできません。金属じゃなくても針が折れる場合があります。

使わないポーチ、カバンなどのファスナーをほどいたものをつかっても〇。

使用したファスナーではないけど、ファスナー

 

【大きさ】

【布】 20㎝ × 10㎝ 2枚
【ファスナー】 16㎝ (全体20cm)

大きさは、自分が入れたいものの大きさが入る大きさでOK。

鉛筆だったり、ボールペンだったり・・・。
メガネも大きさいろいろなので。

ペンケース・メガネケースの作り方

step
1
布を切る。

 

step
2
布の片方を1cm折り曲げるため、両面テープを裏に貼る。

片方に両面テープを貼る。2枚とも。

1cm折り曲げる。2枚とも。

 

step
3
ファスナーの開く方に布で止めをつける。

できたとき開き過ぎないように、止め布を。両止めのファスナーの場合必要ない作業です。

強度のある素材がいい。本革◎。

 

step
4
ファスナーに縫い付ける。

ミシンが苦手な人は両面テープを使っても。曲げた部分に両面テープを貼る。テープは輪のほうから2~3㎜離す。(縫った後見えないように)

ファスナーと生地をくっ付ける。

縫うとこんな感じ。

2枚縫い付け、つまみを適当な位置につける。(横のつまみはつけなくてもよい)

 

step
5
底を縫い合わせる

裏返して底を縫う。

 

step
6
横を縫い合わせる

ファスナーを開けた状態で、左右両方縫う。ファスナーのほうは、ほつれないよう返し縫を。

 

step
7
底のマチを作る(三角に縫う)

立てて、三角を作るように、こんな感じで折りたたむ。(底と横が合わさるように)

コロンとした感じにするため、今回5㎝のマチにしました。小さくしても、スマートなケースができます。

線を引くと縫いやすい。

縫うとこんな感じ。ほつれないように返しをしっかり。

 

step
8
底の三角のいらない部分を切る

ハサミで3~5㎜ほど残して切る。

両方同じ作業を。

 

step
9
ひっくり返して完成

 

 

いろいろの大きさで作っても♪

入れるものに合わせて。
大きさを変えるだけで、作り方は一緒。

余った小さな布で、かわいいミニ小物入れもできました。(〃▽〃)

小銭入れにしようっと♪





© 2020 Little things, Powered by AFFINGER5