FIAT500 後ろのナンバープレートのフレーム問題

2018年7月3日

フィアット500ナンバープレートのフレーム問題

洗車の時に手をケガする問題。


ナンバープレートカバーが、前は付いていても、後ろにはないFIAT500。

ディラーオプションにあると思ったら、それは前用で、後ろには付けられないとか…。

ナンバーがそのままだと洗車時に、よく手をケガするので、ナンバープレートにカバーを付けることにした。

何かいいフレームはないかと探してみると、ナント!後ろのナンバーをつける金具には、市販のほとんどのものがつけられないということが判明。w( ̄o ̄)w

↓この黒い金具のせい…。

赤い丸の部分〇にナンバーとフレームが通らない(はまらない)と取り付けることができない…。

購入時はしょうがないねと思っていたが、洗車するたびに手を切るけがをするので、何か対策をとらないと。(´・_・`)

シリコン製のナンバーフレームカバーをつける

市販の何かつかないかと思い、探してみるとこれかなというのがあった♪ヽ(≧∀≦)ノ

プラ製は、はまりそうもないので、シリコン製のナンバーフレームカバーにしてみた。

今回取り付けたナンバーフレームシリコンカバー

いざ、取り付けようと思ったら、車にナンバーがついたままでは無理。Σ(゚д゚|||)固定する金具に絶対はまらない。プラ製買わなくてよかった…絶対無理。

下側フックに、ナンバープレートを付けたままでは、シリコンナンバーフレームが通らない事が判明。Σ(゚д゚|||) グリグリしたけどムリ!

どうやら、ナンバープレートをいったん車から外さないとダメみたい…(T_T)
ナンバープレートを外すには、封かんを外さないといけない。これは自分で外すことはできない。

 

ディーラーに電話して、封かんを取ってもらう予約をし、後日に。

後日無事、封かんも取ってもらい、シリコンカバーを取り付けようとすると!?

何ミリかの違いで、ナンバープレート下側フックとリアバックガーニッシュ(ナンバーの上についてるメッキパーツ。500と書いてあるパーツ)の間に入らない。Σ(´Д`lll)エエ!!

結局、リアバックガーニッシュを外して、シリコンカバーを付け、ナンバープレート装着後、パーツをもとに戻すことになり、結構大掛かりな作業に‼‼

 

リアバックガーニッシュの外し方

リアバックガーニッシュを外すには、バックドアの裏張りを外し、ボルトを4か所を外す。

ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3
何とかつけることができた。
結構いい感じについたと思う。

耐久性については、まだわからないが、これでケガをすることもなくなるだろう。
(* ´ ▽ ` *)

〈2年後追記〉切れてしまうこともなく耐久性ありでした♪

一番いい方法は購入時につける。後付でもできたけど大変でした。

新車購入を検討されている人は、納車前にカバーを手に入れ、ディーラーで取付をお願いするのが一番いい方法だと思う。

洗車時、手をケガしそうだといえば、快く取り付けてくれると思う。

もうすでにFIAT500にお乗りで、カバーがついていない方は、新しい封かんと、かなりの作業量を覚悟しなければならないが、手をケガすることを思えば、早めの取付をお勧めします!!!

ただし、自分で封かんを外すのは違法になるのでご注意を!