FIAT500のワイパーのビビり問題を解決する

2022年4月26日

窓ガラスに撥水加工をしたらワイパーゴムがビビりだしたので交換する。

フロントガラスに撥水加工をしたらワイパーがビビってしまいました。

撥水コートとワイパーゴムとの相性が悪いのかビビり音がするようになってしまいました。

ワイパーゴムがビビると拭きムラができるし、音が気になる…。

また、撥水コートの持ちをよくするためガラスコーティング施工用のゴムに交換したほうがいいので、ワイパーのゴムを換えることにしました。

フロントガラスを強力撥水加工して雨の日でも視界スッキリ!|ガラス撥水剤『ナノハイブリット 美滑水コート』

車のガラスを強力撥水!ガラス撥水剤『ナノハイブリット美滑水コート』 視界すっきりガラスコーティング剤 車の運転で視界が良 ...

続きを見る

 

1・ワイパーゴムだけ撥水コート用に交換する。

一番安く済ませるため、ワイパーのゴムだけ交換する。

350㎜と550㎜のワイパーゴムを購入します。

グラファイトのワイパーゴムをヤフオクで購入しました。

4~5本入っているものを購入しましたが、全部で1,000円もしませんでした。

 

ワイパーゴムの交換の仕方

step
1
ワイパーブレードを車(ワイパーアーム)から外す。

スイッチ部分を押しながらゆっくり下方向にスライドさせ、ワイパーブレードを外します。

step
2
ブレードからゴムをはずし、中のプレート状のスプリングを抜き取る。

先端部裏のロックをしている部分を軽く持ち上げながら先端のカバーを引っ張ります。

カバーをスライドさせはずし、ワイパーゴムを外します。

step
3
新しいゴムにスプリングを通す。

こんなスプリングが2本入っています。

スプリングには向きがあります。ガラス面に対し弧を描くように取り付けます。

step
4
ブレードにゴムを取り付け、車(ワイパーアーム)につけて完了。

注意

ゴムだけ交換するとゴムのテンション(引っ張り具合)によってビビりが発生する場合があります。

ワイパーゴムを変えてもビビることがある。

ワイパーブレードの構造に問題があるのでは⁉

上:FIAT500純正品 下:ベロフ社製

FIAT500の純正品のワイパーブレードのテンションが一枚の金属板での調整なので、板のカーブによりテンションが変わる。

輸入車はビビりやすいというのはこの構造のせい⁉

に対し、ベロフ製のワイパーブレードはバネ(小型フレーム)が付いている。

ワイパーブレードのバネ

ということで、ワイパーブレードを交換しました。

2・ワイパーブレードごと撥水コート用に交換する。

これが一番簡単な方法でした。

フィアット500のワイパーブレードを交換しました。

BELLOF(ベロフ)アイ・ビューティーフラットワイパーというのに交換しました。

品番

BELLOF(ベロフ)アイ・ビューティーフラットワイパー

BFW550 BFW350

BELLOFのサイトへ

アタッチメントが付属されているので、車種に合わせて取り付けができます。

Sフラットワイパータイプ別取付方法 詳しくはコチラ

現在(’22.4月)ベロフのフラットワイパーは下記の商品に変わりました。

FIAT500専用

とてもスムーズ!快適です!