車のホイールの手入れの仕方|オートグリム「クリーン ホイール」「ホイール クリーナー」でホイールもピカピカに♪

2021年5月3日

車のホイールの汚れは結構目立つ⁉

車のホイールの汚れって結構目につきますよね⁉

ボディをシャンプーとスーパーレジンポリッシュでピカピカに磨くとホイールの汚れが気になります…。

洗車機で車を洗ってもホイールまできれいになりません…。

洗車機で洗車後のホイール

カーケアアイテム『オートグリム』で車がピカピカに♪

車の手入れは「オートグリム」を使ってピカピカに! 「オートグリム」はいいらしい⁉ うちの主人の愛用品『オートグリム』。このメーカーの商品を30年くらい使い続けている。 主人のCar care収納棚。いつの間 ...

続きを見る

オートグリムの中ではじめに揃えるものは???

オートグリムはたくさんの種類があるけど、まずどれをそろえるの?? 約30年オートグリムを愛用している主人が、 いつも楽しそうに洗車し、ピカピカ自慢をしてるので、 洗車初心者の知人から、こんな質問を受けました。 オートグリ ...

続きを見る

ボディもピカピカにしたら、ホイールもピカピカに‼そんな時に役立つのがホイールクリーナーです。

オートグリムのホイールクリーナーを使ってきれいにしてみました♪

すごく汚いホイールがなかったので、代車での写真です。(わかりにくいですが…。)

クリーナー使用前

クリーナー使用後

 

クリーン・ホイールとカスタム・ホイール・クリーナーの違い

オートグリムのホイールクリーナーはクリーン・ホイールとカスタム・ホイール・クリーナーの2種類ありますが、ホイールの素材で使い分けましょう。

クリーン・ホイール

高品位ホイールクリーナー

ホイールについたブレーキ・ダストなどの汚れを取り除くことができる。強力な洗浄力を持つ酸性のクリーナー。

アルマイト加工(陽極処理)されたホイール、メッキホイールには使用できません。

500ml 定価:2,100円(税抜)(2016年9月時点)

アルマイトとは?→▶アルマイト(Wikipediaへ)

使い方

step
1
クリーナーをたっぷりと吹きかける。

    ホイールは一度に1つずつ洗浄する。

step
2
30秒程置く。

スプレーが乾いてしまわないように注意する

スプレーが乾いてしまうとせっかく浮いてきた汚れがまたこびりついてしまいます。

step
1
ブラシやスポンジでこする。

step
4
水で洗い流す。

  • アルマイト加工(陽極処理)されたホイール、メッキホイールには使用しない。
  • ホイールの表面が熱のこもっている場合や直射日光の下での使用は避ける。
  • スプレーが乾いてしまわないように注意する。
  • ラッカー処理のされていない光沢性の高い合金、表面加工されているもの、ステンレススチールには使用しない。
  • 完全に洗い流す。

カスタム・ホイール・クリーナー

デザインホイール用クリーナー

自然にもやさしい特殊配合された生分解性(アルカリ性)ホイールクリーナー

アルミホイール、クロームメッキ、アルマイト処理されたホイールに付いたブレーキダストや汚れを取り除く

500ml 定価:2,400円(税抜)(2016年9月時点)

使い方

step
1
クリーナーをたっぷりと吹きかける。

    ホイールは一度に1つずつ洗浄する。

step
2
30秒程置く。

スプレーが乾いてしまわないように注意する

スプレーが乾いてしまうとせっかく浮いてきた汚れがまたこびりついてしまいます。

step
1
ブラシやスポンジでこする。

step
4
水で洗い流す。

  • ホイールの表面が熱のこもっている場合や直射日光の下での使用は避ける。
  • スプレーが乾いてしまわないように注意する。
  • 完全に洗い流す。

 

ハイテックホイールブラシを使うとよく汚れが落とせます。

ハイテック・ホイール・ブラシ

ホイール用新素材ブラシ

プロフェッショナル用に開発されたブラシ。金属を一切使用していないので、ホイール・金属パーツ洗浄、ホイールナット・バルブ周辺の狭い箇所の汚れを除去する。

全長25㎝ 定価:2,800円(税抜)(2016年9月時点)

使い方

step
1
ブラッシングすることで汚れを落とす。

step
2
落ちにくいときは叩くように使用する。


  • 洗剤の中につけ置きしない。
  • 25℃以上の洗浄剤や水はブラシを痛めるので使用しない。

 

ホイールをピカピカにしたらホイールプロテクターでコーティングする。

ホイールをクリーナーでピカピカにしたら、コーティング剤でピカピカを長持ちさせよう♪

ホイールプロテクターでコーティングしておくと汚れがついでもボディーシャンプーで簡単に落とすことができます。

カーケアアイテム『オートグリム』で車がピカピカに♪

車の手入れは「オートグリム」を使ってピカピカに! 「オートグリム」はいいらしい⁉ うちの主人の愛用品『オートグリム』。このメーカーの商品を30年くらい使い続けている。 主人のCar care収納棚。いつの間 ...

続きを見る

ホイール・プロテクター(旧:アロイ・ホイール・シール)

ホイールコーティング剤

ホイールの表面に被膜をつくり、ブレーキ・ダスト等の汚れの固着を防ぐコーティング剤。

コーティングしておくことで、ホイールに付いた汚れを簡単に落とすことができ、長期間ホイールをきれいに保つことができる。

300ml 定価:2,100円(税抜)(2016年9月時点)

使い方

step
1
汚れを落とし、完全に乾いた後に使用。

step
2
缶をよく振る。

step
3
ホイールプロテクターをスプレーし、自然乾燥させる。

  • ブレーキディスクやキャリバー等のブレーキパーツには付かないように使用する。

 

ボディーシャンプーを使ってホイールをきれいにする

ちょっとした汚れならボディーシャンプーでOKです。

step
1
ボディーシャンプーをバケツなどで薄める。

step
2
ホイールを洗剤を浸したスポンジ等でこする。

step
3
汚れが残っているところがあるのでブラシを使ってこする。

step
4
水で洗い流す。

 

ホイールもピカピカだとやっぱり気持ちいい♪





© 2021 Little things, Powered by AFFINGER5