簡単にできる♪手作りでトロっとしっとり化粧水を作る!

とろみのある化粧水「モイスチャーローション」を作ってみよう♪

乾燥肌にモチっとトロっとした化粧水がほしい!

そんなトロっと化粧水が簡単に作れます♪ 自分で作るから好きなトロっと感で出来るのがいい! ジェルくらいにもできるのでお好きなとろみで作れます。

 

「とろみ」をつけるには

とろみをつける方法はいろいろあります。 元々とろみのある材料を使うか、増粘剤を使ってとろみをつけるなど。

ガムをつかう

キサンタンガム

デンプンなどの糖質を微生物が発酵(分解)して作られた多糖類。天然の増粘安定剤。

グアガム

マメ科植物グアーの種子の胚乳部分から作られる水溶性の食物繊維。

タマリンドガム

タマリンドの種子からとれた植物性の増粘安定剤。

有効成分を使う

コラーゲン

肌に潤いとハリを与え、毛穴を目立たなくする。 保湿性が高く、角質層の水分バランスの調整をし、外からのダメージを防ぐ。

ヒアルロン酸

 肌をしっとりさせ、ハリと潤いを与える。肌のしわや老化を防ぐ。 保湿性が高、く浸透性に優れ、保護膜を作り、乾燥、外からのダメージを防ぐ。

その他を使う

アロエベラジェル

肌に潤いを与え、肌荒れを改善する。 保湿、公園、収斂、抗菌作用あり。

ゆずの種

ゆずの種の周りについている「ペクチン」という水溶性の食物繊維がとろみ。 ジャムやゼリーを作るときにも使用。 保水力が高い。 単体で使用したり、組み合わせて使用しても。(相性あり)

簡単♪とろみのあるモイスチャーローションの作り方

材料 100㎖分

  • 精製水 100㎖
  • キサンタンガム 0.5g とろみ
  • ベタイン 0.5g  保湿 

ビート糖から得られる植物性天然系保湿剤。アミノ酸の一種。

  • 1.2-ヘキサンジオール 1.5g  防腐剤
  • 1.3ブチレングリコール 0.5g  防腐剤

常温保存したい場合は防腐剤が必要です。 冷蔵庫に保管し、すぐ使う場合は防腐剤なしでもOK。 1.2-ヘキサンジオール と 1.3ブチレングリコールを使うと常温で1が月保存可能です。

 

作り方

step
1
ビーカーなどに、材料すべて入れて、電動クリーマーなどを使いよくかき混ぜる。

step
2
混ざったらポンプなどの容器に移し、完成。

計量はスプーンが便利。1/2スプーン=0.5g 

 

計量スプーン

有効成分をプラスして自分に合ったとろみ化粧水を!

コラーゲン、ヒアルロン酸、セラミド、リピジュア®、アルブチンなどなど。 乾燥、しみ、しわに・・・。

40代半ばになると、気になるものだらけ・・・。 あれもこれも使いたい・・・。

人により気になる有効成分はいろいろで、成分もたくさんある! 今ではその有効成分がネットで購入できるので、自分にあったスペシャルな化粧水が手作り出来ちゃう♪

 

\化粧品材料を販売しているネットショップです♪少量でも購入可/

 

荒技!? 既成の化粧品にとろみをつける!!!

既成の化粧品にとろみ成分を入れて混ぜるだけでトロっと化粧水のできあがり♪

フローラルウォーター(芳香蒸留水 ハーブウォーターとも呼ぶ)にとろみをつけて「天然ハーブジェル」なんてのもよさそう♪ しかし、使用する材料、有効成分、防腐剤との相性があるので、ちょっと注意が必要・・・。

 

防腐剤の相性

防腐剤もいろいろありますが、

《ダメな例の一部》

  • キサンタンガムとGSE(グレープフルーツシードエクストラクト)は×
  • ヒアルロン酸とGSEは×
  • フローラルウォーターとGSEは×

既成の化粧水など、入っている成分が解りづらい場合、一度に全部混ぜず、少しお試しで混ぜてみる方法がいいかも。

ガムなどの使用分量目安

(例)化粧水100㎖に キサンタンガム 0.5g   とろみの硬さははお好みで。

使用目安

  • キサンタンガム 全体の0.1~1%
  • ラマリンガム 全体の0.1~4%
  • グアガム 全体の0.5~1%
  • アロエベラジェル 全体の10~100%

etc.・・・

 

いろいろできる♪?

いろいろ好きに出来すぎて楽しい♪(=∀=) きりがない⁉

でもやっぱりいいかなって思う有効成分は値段もするのよね・・・。 いろいろ揃えると!!!っていう値段になるので、まずはとろみだけつけて楽しんでみようっと...。(*´v`)

お肌につけるものだから使う前に、パッチテストを忘れずに。





© 2020 Little things, Powered by AFFINGER5