手作りリップ|カサつきに!保湿力をUPした「しっとりリップクリーム」

2019年4月26日

保湿力の高い植物オイルと植物性バターを使い、「しっとりリップクリーム」を作ろう

「しっとりした保湿力の高いリップ」が自分で簡単に作れます♪

乾燥する時期など普段のリップでは物足らなくなったので、
保湿効果の高い植物性オイル植物性バターを基本のリップクリームにプラスして、
「しっとりリップクリーム」を作ってみました。

基本のリップクリームの作り方はこちら ↓

基本
オイルとミツロウで簡単にできる!「ミツロウリップクリーム」の作り方。

「リップクリーム」は簡単に作ることができるのでおすすめです♪ オイルミツロウの2つの材料で簡単にリップクリームを作ることができます! 他にもクリームを入れる容器と、作るときの道具がいるけど・・・。 簡単に作れるのでおスス ...

続きを見る

作ってみたら結構しっとりと使用感のいいリップクリームができました。

しっとりリップクリームの作り方

 

【材料】 リップスティック2本分 8㎖分

  • 植物性オイル(キャリアオイル)計5㎖

〈使用例〉 ・アルガンオイル 1.5㎖ 高保湿・老化防止効果

・カレンデュラオイル 1.5㎖ 肌荒れに効果あり

スイートアーモンドオイル 1㎖ 保湿・老化防止

ラズベリーオイル 1㎖ 美白・紫外線防止

  • アボカドバター 2.5g 保湿・紫外線対策に
  • ミツロウ 2g
  • アロマオイル 3滴

 〈使用例〉・フランキンセンス・ラベンサラ・ハッカ 各1滴

好きなオイル、植物性バターを使ってもOK。ここでは保湿力を重視したオイルを選んでいます。

オイル、植物性バターによってリップクリームの固まる硬さが変わります。

 

オイル、バターの効果を考えて作るのも楽しい♪

 

【作り方】

step
1
容器・道具を消毒する。

アルコール、煮沸消毒どちらでも。

step
2
計量したオイル・バター・ミツロウを容器に入れ湯煎する。

耐熱容器入れ、竹串等でよく混ぜます。ヤケド注意

step
3
全部溶け、粗熱を取ったらアロマオイルを垂らす。

ミツロウが完全に溶けるまでまぜる。完全に溶けないとザラザラした感触になってしまいます。

少し冷ましてからアロマオイルを入れます。アロマオイルを入れた後よくかき混ぜます。

step
4
容器に写し、固まったら完成。

リップケースに移すときヤケド注意!ヤケド注意

冷ますのは常温でも冷蔵庫でもいいです。

容器に移して冷ますと表面が少しへこみます。

アロマオイルも好きなもので♪
スッキリ香る♪「柚子ミントのリップクリーム」の作り方

簡単にできるリップクリーム♪柚子ミントでスッキリさわやかに香ります。 簡単に作ることができるリップクリーム。 唇がしっとりするリップクリームに、さらに、柚子とミントでスッキリさわやかに。 いつも市販のメンソールリップ派の ...

続きを見る





© 2021 Little things, Powered by AFFINGER5